トラブルの元である韓国とは、意図的かつ積極的に疎遠になる必要がある

トラブルの元である韓国とは、意図的かつ積極的に疎遠になる必要がある

日本の首相が靖国神社を参拝したら狂ったように騒ぐ。日本から仏像を盗んだら返さない。日本にやってきて募集に応募して仕事をしたのに強制労働させられたと後で騒いでカネを毟り取る。戦時中に売春ビジネスで儲けた女性が戦後に性奴隷にされたと騒いで日本からカネを毟り取る。

日本大使館前に慰安婦像を建てて嫌がらせをする。旭日旗を戦犯旗と言い換えて世界中で戦犯旗を使うなと騒ぐ。日本海を東海と言い換えて、日本海を使っている他国に抗議を繰り広げる。

日本の教科書に介在する。日本の竹島を実効支配し、竹島は我が国のものだと主張する。そして、軍艦島の世界遺産に横槍を入れる。国と国との取り決めである日韓合意も日韓基本条約も何も守らない。自衛隊にレーダーを照射して、やっていないとわめき、逆ギレして日本に謝罪を求める。

これが韓国のやっていることである。

韓国では国をあげて日本人憎悪を盛り上げる国であり、日本人憎悪をたしなめる人間は「親日罪」というもので罰される国だ。この動きはこれからも延々と続く。自然に消えることは絶対にない。

日本を憎悪することで国が成り立っている。それが韓国の正体だからだ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

次々と湧き上がってくるトラブル

こちらの誠意をすべて曲解して恨んできたり、こちらを無意味に恫喝して来たり、年中「謝罪しろ、賠償しろ」と絡んでくる相手が韓国人だ。そんな人間と関わって幸せになれると思うだろうか。

なれるわけがない。

憎悪をぶつけて来る国、恨んでくる国が実際に日本の目の前にあって、そんな国と関わっていると、常に歴史的なトラブルになる。だから日韓の歴史は、絶えることのないトラブルと共に続いているのである。

価値観がまったく共有できない。約束は守られない。こうした問題のある国と関われば、トラブルに巻き込まれるだけである。しかも、そのトラブルは1つではない。次々と起きるのだ。

トラブルとは家に潜む害虫のようなものだ。家の中で一匹の害虫を見たら、影にはその仲間がうじゃうじゃと存在している。トラブルのひとつを潰しても、次のトラブルが生まれる。そのトラブルを潰しても、また次のトラブルが生まれる。

日本と韓国の関係を見ても、何かのトラブルが片付けば「それで終わり」というものではない。そもそも終わらせようとしても、韓国は事あるごとに何か別のものを蒸し返してくる。

安倍政権は韓国を信用して、慰安婦問題の「不可逆的解決」のために2015年12月に電撃的に日韓合意を結んだが、韓国はまったく約束を守らず、次々と蒸し返してきた。

仮に日韓合意が解決していたとしても、韓国と日本の間には、靖国問題もあれば、仏像問題もあれば、強制労働訴訟問題もあれば、日本海言い換え問題もあれば、旭日旗問題もあれば、レーダー照射もある。

トラブルは、害虫のように、次から次へと私たちを襲いかかって来る。つまり、ひとつのトラブルに着目しても問題は解決しない。どうすればいいのか。まずは全体を俯瞰して見る必要がある。

トラブルは、元から断たなければ解決しない。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

韓国がトラブルの元であることを認識

日本、および日本人は、反日国家である韓国がトラブルの元であることを認識し、徹底的なリスク管理をしなければ生き残れない時代になっている。

日本企業も、そして日本人も、ひとりひとりが韓国と関わるのは巨大で深刻なカントリー・リスクであることを、しっかりと認識できていなければならない。

起きるトラブルは、ひとつではない。影に多くのトラブルがうごめいて飛び出すのを待っている。ありえないが、仮に今起きているトラブルのすべてが解決したとしても、それで終わりではない。

まだ見ぬトラブルがこれからも次々と起きる。韓国と関わると、不条理なトラブルが怒濤のように襲いかかってくるのであり、関われば関わるほどトラブルに忙殺されて人生が終わってしまうことになる。

反日感情という巨大なトラブルは甘く見るべきではない。

それは幼いうちから教育の現場で叩き込まれてきた思想であり、韓国人の根源である。恨(はん)だか何だか知らないが、そのような薄気味悪い国民性の「恨みの対象」が日本人になっている。

言ってみれば、私たちは日本人であるということだけで、憎悪の対象にされてしまう。韓国に日本人をスケープゴートにするような国民感情がある以上、関係は必然的にこじれると考えるの当然だ。

それならば、私たち日本人が平穏な暮らしを維持し、トラブルに巻き込まれないためにしなければならないのは、基本的にただひとつ「韓国とは関わらない」「個人的にも国家的にも断絶する」という方針を徹底することである。

「韓国に関わらない」というのは、具体的には、次のものに関わらないということを徹底することだ。

・韓国人に関わらない。
・韓国企業に関わらない。
・韓国のモノ・サービスに関わらない。
・韓国に関わっている日本人に関わらない。

もっと簡単に言えばこうなる。

・韓国とは一切関わらない。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

日本を大事に思っているのなら、できるはず

関わるとトラブルに巻き込まれるのだから、「関わらないようにする」「断絶する」ことで、トラブルの大半を回避できる。

日本人であれば、個人も、企業も、国も、一丸となって「関わらない」ことを徹底すれば、大きな効果が期待できる。

韓国に行かないのは当然のことだ。わざわざ、トラブルに巻き込まれる必要はないはずだし、行かないことによって関係が薄らぐのだから悪いことではない。私たちは、衝突を起こす相手とは、意図的かつ積極的に疎遠になる必要がある。

韓国の製品は買わないのも当然のことだ。日本製品は質が良いと世界中が認めるのだから、わざわざ韓国の質が落ちる粗悪品と関わる理由がない。

韓国に技術を教えたり、移転させるのを断固として避けるのも当然のことだ。もはや敵国として目の前に立ちはだかっているのだから、重要な技術を韓国に移転させることは、完全に売国行為である。

日本の立場を理解してもらおうとするのも無駄だ。

日本の初代首相を暗殺したテロリストを崇めたり、記念碑を建てたりするような国と、相互理解できると思う方が間違っており、もはや理解を求める段階は過ぎた。

相手の執拗な謝罪・賠償要求にも妥協せず、付き合わないことも重要だ。

ひとつ妥協すると、すべての妥協を強いられてきたのが今までの流れであり、それが問題をこじらせてきた。話し合いに応じるというのは、隙を見せるということでもある。

日韓親睦や日韓友好や友愛という言葉にも気を付けなければならない。

政治家はそれによって買収されたり、ハニー・トラップに引っかかったりして、金をむしり取られてしまっている。付き合って、騙されているのである。下手に関わるからこのようなことになる。

トラブルを元から断つというのは、「完全に関わらない」という基本方針で成し遂げられる。別に難しいことではない。関わらない方向で徹底すればいい。国交断絶ですべてが解決する。

日本を大事に思っているのなら、できるはずだ。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

韓国とは常にもめ続けてきた。ひとつ妥協すると、すべての妥協を強いられてきたのが今までの流れであり、それが問題をこじらせてきた。話し合いに応じるというのは、隙を見せるということでもある。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事