反日

2/5ページ

反日に対する最小のコストでできる最大のリスク管理とは?

中国・韓国・北朝鮮が日本の敵になったことを、今やすべての日本人が悟っている。 中国・韓国・北朝鮮では国家主席や大統領自らが激しい反日感情を持っており、国民の日本人憎悪をたしなめるどころか、逆に自ら増長させるような動きを見せている。 そして、さらにこれらの国々は日本国内に日本破壊と売国のための工作員を政界・財界・報道界・教育界とありとあらゆるところに潜り込ませ、組織を乗っ取り、日本を根幹から転覆しよ […]

アパホテルの抗議デモで分かる反日工作員たちの存在と活動

アパホテルに設置されていた『本当の日本の歴史 理論近現代史』という書籍に中国が大抗議して、抗議デモが日本でも起こされた。この書籍は南京大虐殺についてこう書かれていた。 「中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ」 南京大虐殺は捏造であり、それは日本を貶めるた […]

言論の自由がない国の人間たちが、日本で言論弾圧する現実

中国人の工作員がアパホテルへのデモを2017年2月5日に行っているのだが、これはもちろん、外国人による「日本人の表現の自由」への弾圧であるとしか言うしかない。 中国では今も天安門事件や文化大革命の虐殺に言及したら、すぐに逮捕である。中国に言論の自由はまったくない。その言論の自由がない国の人間たちが、日本で抗議デモを行うのだから、その異常さは分かるはずだ。 主催者は「日本人に歴史の真相を教える」と言 […]

日本人は今後、国内に巣食う工作員たちを「処分」していく

2015年12月28日に日韓合意が交わされたが、韓国はソウルの戦場売春婦を象徴した像を撤去しなかったばかりか、逆に釜山の日本領事館前にも似たようなものを設置して「国民の勝利だ」と喜んでいる。 こうした事実に、安倍首相の周囲からは「日本が10億円を韓国に支給したにもかかわらず少女像が移転されていない事実について、まるで振り込め詐欺だ」との不満の声も上がっていると報道されている。 これは日本政府の外交 […]

反日は洗脳なので収まらない。では、日本はどうするのか?

日本人が中国・韓国・北朝鮮に負けっ放しなのは、報復攻撃をしないからだ。また日本国内でこれらの国々の工作員が好き勝手にしているのも、日本を侮蔑する人間たちに報復をしないからである。 中国・韓国・北朝鮮が死に物狂いで日本を捏造プロパガンダで攻撃してきているというのに、日本人の方は「報復する」という点がすっぽりと抜けている。 「やられたらやり返す」「叩かれれば叩き返す」「執拗な攻撃には執拗な報復をする」 […]

共謀罪に反対する野党だが野党自身が反社会的勢力なのか?

世界中でテロが吹き荒れており、ISIS(イスラム国)のような超暴力組織が「自分の国でテロを起こせ」と叫ぶ時代となっている。 日本人もテロとは無縁ではない。ISISに斬首された日本人もいれば、バングラデシュで虐殺された日本人もいる。日本人はこれからもテロに巻き込まれて殺される。 こうしたテロは今では国外で起きているのだが、やがて日本国内でもテロが起きる可能性はゼロではない。2020年の東京オリンピッ […]

反日の放置は日本人の安全と生存を脅かす猛烈に危険なもの

2016年12月21日、島根県竹島の周辺海域で、韓国軍が哨戒機やヘリコプターを使って「何者か」が島に上陸するのを阻止する訓練を行った。 言うまでもないが、竹島は日本の領土である。ここを韓国が「自分の領土だ」と言い張って実効支配し、我が物顔で軍事訓練を行っているのである。 これを伝えられて日本政府はどうしたのか。 岸田文雄外相は「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして受け入れることはできず、極め […]

村田蓮舫が公正証書原本不実記載等未遂罪で刑事告発された

民進党の代表である村田蓮舫が、「公正証書原本不実記載等未遂罪」で告発されている。(参議院議員・民進党代表蓮舫(戸籍名村田蓮舫)氏を2016/12/13東京地検特捜部直告班に刑事告発) この疑惑の議員は、二重国籍なのかどうかを明確にさせるために戸籍謄本を開示せよと世間から言われ続けているのを「子供のプライバシーのため」として拒否し続けてきた。 ところが、テレビでは嬉々として子供を登場させて自らプライ […]

「死ね」という言葉が飛び交う暴力と憎悪の世界で生き残れ

インターネットは「自由な言論」を高らかに謳って広まったネットワークだが、1990年代頃はまだ人々は「自由な言論」に一種の理想的な世界を感じていた。 全世界が瞬時につながり、様々な人々がそこで語り合う。そんな技術に「夢の世界が実現した」と思う人たちも多かった。人々はいろんな人たちとつながり合うことで、世界はより平和になると考えた。 しかし、こうした人たちは人間の本質を知らなすぎた。 世界は紛争で満ち […]

日本人は「日本死ね」を表彰する企業ユーキャンに報復せよ

通信講座で知られるユーキャンが、「新語・流行語大賞」に「日本死ね」を流行語大賞の一つに選び、それを表彰するという信じられないことをしている。 これを選んだ選考員は「姜尚中、俵万智、室井滋、やくみつる、箭内道彦、清水均」の6人で、どの人間も「日本死ね」に何とも思わない間抜けな感性の持ち主だ。 さらに信じられないのは、「日本死ね」を広めた民進党の議員である山尾志桜里が授賞式に現れて、満面の笑みを浮かべ […]

身元調査、思想調査、内部調査で反社会的な人間を排除せよ

反社会的な活動をしている人間、反日の工作員、インテリヤクザのような人間は、自分の本性を隠して大手企業に潜り込み、そこで普通に仕事をこなしながら裏側で反社会的な活動を行っている。 たとえば、セキュリティ対策企業「Fセキュア」には、個人情報を漏らしながら他人を恐喝する反社会的な人間がいたし、新潟日報社にも一般女性に「赤ん坊を豚の餌にする」と恫喝するような反社会的な人間がいた。 いずれも役職を持っていて […]

有害なナルシスト気質を持った村田蓮舫の危険性を認識しろ

東京都知事だった舛添要一はサイコパスだったのではないかと疑われたが、民進党の代表をやっている村田蓮舫もそれに近い部分がある。 しかし、村田蓮舫はどちらかと言うと、サイコパスというよりも「有害なナルシスト」である可能性が指摘されている。 ナルシストと言えば、2時間も3時間も鏡で自分を見て陶酔している奇妙だが無害な人間を思い浮かべがちだ。しかし、社会に有害で危険極まりないナルシストも存在する。 なぜ、 […]

日本人になりすまして売国に走る政治家を許すべきではない

民主党の代表である村田蓮舫は、「愛国女性のつどい花時計」という市民団体に二重国籍問題で刑事告発されながら、「事実関係が分からないのでコメントは控えたい」と他人事のようにのらりくらりと説明責任を回避し続けている。 村田蓮舫は他人を攻撃するスタイルでのし上がり、他人には「説明責任を果たせ」と激しく言い募ってきた人間だった。 ところが、自分のことになれば、丸っきり説明責任を果たそうとしないで逃げ回るので […]

沖縄問題は根底に反日国家の侵略が隠されている事実を知れ

日本が沖縄問題で揺れている。なぜか。売国奴たちが沖縄に照準を合わせて騒いでいるからだ。 沖縄県東村高江でヘリパッド建設工事に反対するプロ市民たちの執拗な抗議デモに対して、機動隊のひとりが「土人」という言葉を発したのが2016年10月18日だった。 それを目取真(めどるま)俊という活動家の作家が撮影してブログに掲載した。 これを発端にマスコミ各社が一斉にその言葉を取り上げて「沖縄の差別だ、言葉の暴力 […]

あなたはきちんと反日国家の人間と敵対できているだろうか

1945年8月15日、日本は戦争に負けた。国土は焦土と化し、多大なる人命と国富が灰燼と化した。そして、この敗戦以後、日本は何を奪われたのか。 表面的に見ると、日本は軍事力を奪われた。しかし、それだけではない。内面的に見ると、「積極的に戦おうとする意欲」「立ち向かう気力」「戦い抜く精神」までもが奪われていた。 つまり、闘争心を奪われた。 日本人は武力を奪われ、戦争できない国にされたが、深刻なのは武力 […]

「日本人の男は性的異常者だ」と喧伝する反日活動の台頭

2015年5月21日、仁藤夢乃という名前の25歳の女性活動家が日本外国特派員教会で「秋葉原のJKビジネスやメイドカフェは児童買春の隠れ蓑」と主張し、これが海外のマスコミで大報道されたことがある。 活動家である仁藤夢乃は、そのとき秋葉原で若い女性が立っている写真を出していたのだが、これは単に「メイドカフェの店員が客寄せしているもの」であり、その女性自身も年齢不詳である。 日本ではそういった事情が分か […]

わさびテロ? 韓国人と関わるからこんなことになっていく

韓国人が、大阪難波の寿司店で「わさびを多めに入れられた」と騒いでそれを「わさびテロ」と行って日本のマスコミと一緒になって大騒ぎしたり、朝日新聞が擬態した「ハフィントン・ポスト」というインターネット・メディアがそれを煽ったりして問題になっている。 馬鹿馬鹿しいことに、わさびは「野球ボール大」ほど入れられたという。 さらに2016年10月11日には駐大阪韓国総領事館が10月5日に韓国人が日本人に蹴られ […]

今の日本に必要なのは、反日国家に報復できる政治家である

岸田文雄外相は慰安婦問題に関する日韓合意で、韓国に屈服して10億円を毟り取られた。「最終的かつ不可逆的に解決するため」という名目だったが、韓国は何ひとつ約束を守ることはない。これからも問題を蒸し返す。 日本大使館前に設置された慰安婦少女像は移転も撤去もされず、それどころかドイツのフライブルク市内の中心部に少女像を新たに設置しようとしたりして、ますます慰安婦問題を世界中に拡散している始末である。 「 […]

1 2 5