国民から搾り取るな。「宗教法人税」と「パチンコ税」をすぐさま取り入れよ

国民から搾り取るな。「宗教法人税」と「パチンコ税」をすぐさま取り入れよ

「宗教法人税」「パチンコ税」はすぐさま取り入れるべきだ。何の容赦もいらない。もうこれ以上、消費税を取って国民を締め上げて景気を奈落の底に落としてはならないはずだ。国民生活から見て何の役に立たないところから取り上げるだけ取って、役に立つところは下げるのが税法の基本である。そう考えると、「宗教法人税」「パチンコ税」を導入して、「消費税」を廃止するのは日本にとって最適の道だ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

税金を欲している政府が、まったく手を付けない部分

2019年10月に消費税が引き上げられて10%になったのだが、この消費税は「消費したら罰金を取る」というものなのだから、日本の消費活動は減退していくのは当然のことだ。

安倍首相は「これ以上の消費税引き上げは不要」と言っているのだが、政府内では「もっと必要」という声もあって一枚岩ではない状況にある。当面は消費税10%で固定化されるだろうが、足りない社会保障費を赤字国債で補っているのだから、いずれはまた消費税の引き上げは行われる可能性は高い。

さらに、消費税が上がらないのであれば「酷税」はこれで打ち止めになるのかと言えばまったくそうではなく、今度は「炭素税を引き上げる」だとか「携帯電話税を導入する」みたいな部分で、消費税とは別の部分で国民に税金をかける方向にシフトさせていくことになる。

国民から税金という名の取り立てをするのであれば、その前に政治家や国家公務員の給料を減らし、人員を削減し、天下りを減らし、天下り団体を廃止するくらい身を切るべきなのだ。

しかし、国家公務員の給料は減らず、天下りも減らず、ただ税金だけが増やされていく。

今の日本人は、消費税は上げられ、所得税は取られ、住民税も取られ、固定資産税を取られ、介護保険料を取られ、自動車税を取られ、ガソリン税を取られ、酒税を取られ、タバコ税を取られ、贈与税を取られ、相続税を取られている。

しかし、これだけ税金を欲している政府が、まったく手を付けない部分がある。それが、「パチンコ屋」「宗教法人」だ。

何でも税金をかける政府が、日本最大の害悪であるパチンコ屋や日本最大の脱税機関である宗教法人に何もしないのは言語道断だ。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

税金を取る対象としてはかなり「おいしい」部分

すでに日本政府はアルコールにも、タバコにも税金をかけている。競馬にも競輪にも宝くじにも税金をかけている。ところが違法賭場であるはずのパチンコに対して特別税をかけようとしない。

議論もされない。誰も問題にしようとしない。なぜ、パチンコだけ特別税がかからないのか?

さらに宗教法人もそうだ。最近の宗教は信心よりも金儲けを重視しているのは誰でも知っている。カルトや洗脳を主体として、信者からカネや人生を奪い取る悪質な宗教法人も跋扈している。

しかし、宗教税についても、マスコミではまったく無視であり、注意深く、そして慎重に避けている。私たちからもっと税金を取る話はするのに、パチンコ屋と宗教法人から税金を取る話はまったくゼロだ。

増税すると言うと、すぐに消費税のアップやらタバコ税だとかいう話になるが、その前にしなければならないのは、宗教法人税とパチンコ税である。

日本は「酒」にも「タバコ」にも重い税金を課してきた。タバコに関してはすでに半分以上が税金だ。これ以上税金をここに課してもしかたがない。消費税も日本経済の活力を奪うものである。日本がいつまで経っても内需回復できないのは、消費税がどんどん引き上げられるせいでもある。

このような議論にあって、いつも不思議に思うのは、政治家やマスコミの口から「パチンコ税」「宗教法人税」の話がまったく出てこないことである。

日本ではパチンコも宗教も何の役にも立っていないし、国民のためにもなっていないのだから、これらの存在に50%課税しても誰も文句は言わないはずだ。

それができない理由はいくらでもこじつけられる。たとえば、パチンコというのは「風俗営業であり公営ギャンブルではない」だとか言い逃れして、「だから特別税の対象にならない」とか言う。

パチンコ業界はくだらないテレビのスポンサーになるほど金が余っていて、しかも脱税でもトップである。税金を取る対象としてはかなり「おいしい」部分になる。

パチンコは誰が見てもギャンブルだ。そんなギャンブル場が住宅街の駅前にも林立している。その光景が異様だと思わない人間はいないはずだ。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

増税するのであれば、真っ先に切り込むべき分野

どう見てもギャンブルなものがギャンブルではないと言われ、それが住宅街を侵食し、テレビで宣伝してさらに射幸心を煽っているのだから、それを異様だと思って何がおかしいのだろうか。

ピンポイントで酒やタバコから税金を取り立てるのであれば、ピンポイントでパチンコから税金を取り立てても何らおかしなことではない。サラ金がそのビジネスモデルに問題があったのだとすれば、パチンコもまた同罪だ。

ギャンブル屋がテレビで宣伝し、ギャンブル屋が政治献金している時点で、この業界からは税金が取れると政治は思わなければならない。消費増の増税の話になるのであれば、真っ先に切り込まなければならない分野である。

また、宗教法人もおかしなことになっている。

税金を払わないで済むので、脱税のひとつの方策として休眠中の宗教法人が売買されてさえいる。宗教が売買できるところに胡散臭さを感じなければならない。

宗教というのはある哲学・生き方・神に対する定義をした思想を、みんなが信じることによって成り立つ団体のはずだ。それが、あたかも商品のように売り買いできるというのであれば、それは本物ではない。

そんなものをなぜ日本は無税にして守らなければならないのかという話である。

活動している宗教法人であっても、ほとんど何の役にも立っていないくせに信者からカネを巻きあげて政治家を操るような団体もある。

そのような営利団体のような動きをするのであれば、税金を課して貢献させるべきだ。より儲けている宗教法人からは累進課税で取り立てるというアイデアもいいかもしれない。

国民から取り立てているのであれば、こうしたところから取り立てて然るべきだ。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

日本に税金を払わない宗教法人は「罰当たり」だ

宗教に税金をかける話をすると、すぐに「信仰の自由」だとか「罰当たり」だとかというすり替えの話になっていく。

しかし、「何を信じてもいいが税金は取る」という考え方もできるし、「日本に税金を払わない宗教法人は罰当たり」だという考え方もできる。

そもそも、「罰当たり」とはまた脅迫的な言葉だ。

「信じないと地獄に落ちる」「お布施をしないと不幸を招く」と馬鹿げた脅迫をするのが宗教の特徴である。あるいは「これを買えば幸福になれる」と免罪符のようなものを買わせることもある。

「宗教産業は脅迫産業と同義語」だと吐き捨てる人もいるが、そう言われるだけのことを宗教界はやってきている。人を脅迫するそんな団体が税金を払いたくないというのは笑わせるではないか。

「宗教法人税」「パチンコ税」はすぐさま取り入れるべきだ。何の容赦もいらない。

もうこれ以上、消費税を取って国民を締め上げて景気を奈落の底に落としてはならないはずだ。国民生活から見て何の役に立たないところから取り上げるだけ取って、役に立つところは下げるのが税法の基本である。

そう考えると、「宗教法人税」「パチンコ税」を導入して、「消費税」を廃止するのは日本にとって最適の道だ。

税金を取り立てたいというのであれば、現政権にはぜひともそれを望みたい。また、税金の話が出るのであれば、日本人もすぐに言い返すべきなのである。

「パチンコ屋から取れ」「宗教法人から取れ」と。

政治家や国家公務員は自分たちの給料や人員は聖域にして、何でもかんでも国民にツケを払わせ、しかも権益団体であるパチンコ屋や宗教法人には手も触れないで見逃しているが、もうそんな建前は許されない。

もし政治家や国家公務員が自分たちの給料を守り、パチンコ屋や宗教法人を放置し、国民に税金を支払わせ続けるというのであれば、日本人は暴動を起こしてもいい。

『サラリーマンと事業者のための逃税スキーム 消費税を払う奴はバカ!(木村大次郎)』

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

一般カテゴリの最新記事