韓国は今後も「新しいネタ」を捜しては、謝罪と賠償を日本に突きつける

韓国は今後も「新しいネタ」を捜しては、謝罪と賠償を日本に突きつける

韓国は反日を国家的に煽って、日本からカネを毟り取る「賠償ビジネス」を止められない国だ。

文在寅の底なしの「経済オンチ」のために景気がどん底まで落ち込み、政治的混乱で目も当てられない状況になっている現在の韓国では、なおさら反日は煽られ、賠償ビジネスが重視されていく。

「我々は日本人の被害者だ。日本政府はカネを出せ」

韓国が国家を挙げて日本を突き上げている裏には、韓国人特有の恨(はん)を晴らすという薄気味悪い意味合いもあるが、それと同時に「日本からカネを毟り取るため」でもある。

韓国が、日本に憎悪を突きつけながら未来志向というのは、いつまでも日本に絡みついて、ゆすり・たかりをするためでもある。

慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射事件と、韓国は次々と日本に反日を突きつけているのだが、これで終わりだと思ったら大間違いだ。韓国は今後も「新しいネタ」を捜して捏造しては、謝罪と賠償を日本に突きつけ、韓国の裁判所も「日本は賠償すべきだ」という判決を出す。

それが韓国の国家ビジネスだからである。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

謝罪と賠償を日本人から引き出す国

実際、韓国はこれまで多くの謝罪と賠償を日本人から引き出してきている。日本に要求すると同時に、日本国内にも韓国の工作員が大量に潜り込んでいて、「謝罪と賠償ビジネス」に邁進している。

これまでも韓国の工作員は、日本の政治家たちをカネで買って、韓国や在日韓国人に都合の良い政治、優遇政策を次々と行ってきた。政治家たちもまた、そういった韓国の工作員に乗せられて、どんどん韓国に取り込まれていった。

嘘だと思うなら、政治家がどんな団体に所属しているのかを観察してみればいい。あるいは、どんな団体があるのか調べてみればいい。

「日韓議員連盟」
「永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」
「パチンコチェーンストア協会」
「朝鮮通信使交流議員の会」
「朝鮮半島問題研究会」
「北朝鮮難民と人道問題に関する民主党議員連盟」
「北朝鮮の難民と人権に関する国際議員連盟」
「日韓議員連盟」
「日韓海底トンネル推進議員連盟」
「朝鮮通信使交流議員の会」

在日韓国人・韓国・北朝鮮に便宜を図る団体・連盟・協会・研究会が山ほどあって、議員はそれぞれそこに所属している。民進系野党でも自民党でも同じだ。韓国ロビーに取り込まれている政治家が山ほどいるのである。

レーダー照射事件でも、レーダーを照射した韓国が悪いのは100%明白な事実なのだが、「韓国を刺激している安倍政権が悪い」と言う政治家すら存在する。日本のためでなく韓国のために動いている売国政治家は山ほどいる。

中には日本人になりすまし、日本人のフリをして韓国に利するように誘導している政治家もいる。そして、私たちが日本のためにと思って差し出している税金は、なぜか日本人のために使われるのではなく、韓国のために使われていく。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

「日本は韓国のATMだ」と嘲笑されている

韓国は、今までも日本から巨額のカネを毟り取って来た。公式のものだけでもこれほどある。

1965年 約6000億ドル インフラ整備
1965年 約8億ドル 日韓基本条約
1983年 約40億ドル 特別経済協力金
1997年 約100億ドル 通貨危機救済金
2006年 約200億ドル ウォン高救済基金
2008年 約300億ドル リーマンショック

韓国は日本から次々とカネを毟り取っていくことに成功している。細かい部分を見ると、もっとある。「未来志向」という言葉に騙されて、日本はまるで貢ぐように韓国にカネをばらまいてきた。一部では「日本は韓国のATMだ」と韓国人から公然と嘲笑されるほどだったのだ。

ところが皮肉なことに日本がカネを払った事実は韓国国内では完全に無視される。いくら日本が謝罪し賠償しても、それらは意図的に「なかったこと」にされる。

そして、韓国は「もっと謝罪しろ、もっと賠償しろ」と執拗に粘着するのである。韓国の一部の人間が言っているのではない。国民から議員から大統領まで、みんなそう言っている。

どんなに合意を交わしても条約を結んでも意味がない。韓国では政権が変わればそんなものは簡単に反故にしてしまう国だからだ。

文在寅(ムン・ジェイン)政権になってから、韓国は慰安婦問題の不可逆的解決を謳ったはずの日韓合意をなし崩しに破って、さらに徴用工問題も包括的に解決させた日韓基本条約さえも守らずに公然と蒸し返して「日本は賠償しろ」と言い出している。

日本がどんなに「遺憾の意」を言っても無駄だ。韓国はすべてを自分の都合の良いように解釈して、「日本が悪い、我々は被害者だ、謝罪しろ、賠償しろ」としか言わない。

そして、カネをもらうまで言い続け、日本が支払ってもほとぼりが冷めたら再び蒸し返す。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

韓国こそが日本のガンになっている

韓国の反日は大統領ひとりがやっているのではない。

韓国は、国全体が反日で凝り固まった国であり、だから大統領が誰になったところで、これからも反日政策が続いていく。今の文在寅という愚かな大統領が消えても韓国が変わると考えてはいけない。

韓国は反日教育を徹底的に続けて日本に対して憎しみを植え付ける教育を子供の頃から行っている。今後も、さらに日本に対して憎しみをぶつけてくる。

文在寅の次の指導者も、もっとエスカレートさせて日本を貶めてくる。世界中に反日を輸出したり、日本の政治・文化・経済を乗っ取り、韓流をごり押しにしたり、日本を貶めたり、日本のカネを奪い取ろうとしたりしてくる。

次から次へと歴史を歪曲し、何度も何度も同じことを蒸し返し、狂ったように叫び、わめき、粘着し、そして「賠償しろ、賠償しろ」と詰め寄ってくる。韓国では日本はあくまでも悪であり、カネを毟り取る対象であり、叩き潰す存在になっている。

日本は、韓国から戦争を仕掛けられていると言ってもいい。宣戦布告なき戦争だ。韓国は国を挙げて日本が破滅するように、膨大な仕掛けをしてきているのだ。

放っておけばいいとか、謝罪すれば収まるとか、賠償すれば収まるというものではない。今、日本は韓国によって国益を損なわれており、韓国こそが日本のガンになっていることを、明確に、はっきりと自覚しなければならない時が来ている。

韓国とは「未来志向」はない。未来志向という言葉は、韓国が日本から永遠にゆすり・たかりをするために日本に仕掛けられたワナである。

韓国は今後も「新しいネタ」を捜しては、謝罪と賠償を日本に突きつける。韓国が敵対的に日本に仕掛けてきているのであれば、日本もまた敵対的に韓国と対抗しなければならない。

そのためには私たち日本人は、韓国を糾弾するジャーナリスト・識者・教育者・事業家・活動家・草の根の一般人を応援していかなければならない。そして、きちんと韓国にモノを言っている政治家を応援し、支援し、選挙のたびに「しっかりと韓国に対峙できる政治家・政治団体」を選んでいかなければならない。

そして、最終的には韓国とは国交を断絶し、直接的に対抗する以外に方法はない。韓国とは国交断絶をする。それが日本の目指さなければならない真の未来志向だ。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

韓国の文在寅大統領。韓国は国を挙げて日本が破滅するように、膨大な仕掛けをしてきている。放っておけばいいとか、謝罪すれば収まるとか、賠償すれば収まるというものではない。今、日本は韓国によって国益を損なわれており、韓国こそが日本のガンになっていることを、明確に、はっきりと自覚しなければならない時が来ている。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事