少子高齢化

莫大な数の高齢層が追い詰められた後に日本には地獄がやってくる

非正規雇用が常態化して、学歴や職歴のない若年層が貧困から這い上がれなくなっているのだが、高齢者は年金がもらえるので悠々自適だという印象がある。 しかし、この印象はもう改めなければならない時期にきている。 すでに生活保護世帯の半数以上は高齢者であり、彼らは体力的にも能力的にもフルタイムの仕事ができない以上、いつまで経っても生活保護から脱することができない。 さらに生活保護を受けていない高齢層でも、国 […]

自分が窮地に落ちたら誰も助けてくれない時代がやってきている

ひとたび悪いことが起きると、それは連続して続くことが多い。誰もが日常を通して経験することだ。悪いことは次から次へと新しい問題を引き起こし、坂道を転がり落ちるように続いていく。「悪いことは連続して続く」という深遠な教訓を世に知らせる格言はたくさんある。 「弱り目に祟り目」「泣きっ面に蜂」「負のスパイラル」 これらはすべて、困っているところに、さらに困ったことが重なるという事態を端的に示す。 なぜ、そ […]

日本の国家存続の危機が起きているのに危機感がない日本人

日本はイノベーションを失いつつある。日本は税金が増える一方である。日本の地方は崩壊寸前になっている。日本の不動産価格は首都圏をのぞいて価値を失っていく。 日本は内需は減退する。必然的に日本の企業は売上を落とす。最後に日本企業は競争力を失っていく。労働者の賃金は低下していく。 日本は、これらすべての問題が同時並行で起きている。 これは突き詰めて考えれば、「あるひとつの問題」から起因している。そしてこ […]

貧しくとも子供が欲しい夫婦は、臆せずに子供を持つべきだ

日本の少子高齢化は延々と放置されてきて、今でも政治的にはまったく何の働きかけもなく無視されているままだ。 しかも、日本を愛し、日本の将来を憂う人ですらも、刻々と日本を衰退させる原因となっている少子高齢化にはまったく何の反応も示さない。 日本を破壊したい人間どもは「日本人は多すぎる。人口が少ない方がいい」と方々で言って回り、「労働力が足りなければ移民を入れればいい」と主張している。 「日本を破壊する […]

高齢者の地獄は、止まらない高齢化と共に確実に日本を蝕む

東京都港区は「金持ちが暮らすところ」というイメージがあるのだが、明治学院大学社会学部の河合克義教授の調査によれば、「高齢者夫婦の4世帯に1世帯は年収250万円未満で、生活保護水準に近い生活をしている」と明らかにしている。 金持ちが住んでいると思われている地区でも、生活保護水準の生活に追いやられている人たちが珍しくなくなっているのだが、この傾向は加速する。 なぜなら、日本は世界でも類を見ない少子高齢 […]

問題を放置して無条件に国を褒め称えていると国は滅亡する

中国・韓国・北朝鮮に報復外交もできない、日本内部に侵略している工作員を抹殺することもできない、国軍を持つこともできない、核兵器を持つこともできない。それが日本である。 二重国籍疑惑で説明を二転三転させる村田蓮舫のような政治家を議員辞職に追い込むこともできない、民進党のような売国政党を解党させることもできない、共産党のような中国の出先機関みたいな政党の存続を許容してしまう国、それが日本である。 反日 […]

高齢者が地獄に堕ちる時代。生活保護の51%は高齢者世帯だ

2017年6月7日、厚生労働省は生活保護受給世帯数が164万1532世帯で過去最多となったと発表している。事態は刻々と悪化している。 この受給世帯数の中で圧倒的に増えているのが高齢者世帯で、すでに全体の51%を占めている。 昨今の生活保護受給の窓口は、不正受給の関係でどんどん厳しくなっている。そのせいで本来は生活保護を受けられる人でさえも窓口で断られ、追い詰められて死んだりしている。 たとえば、2 […]

人口動態は日本人が緩慢な民族衰退にあることを示している

総務省統計局が2016年9月18日に発表した資料によると、この時点で日本の65歳以上の人口は約3461万人で、総人口に占める割合は27.3%と過去最高になったと記している。 人口における高齢者の割合は、すでに主要国では最高となっている。日本はれっきとした「老人の国」である。 この傾向はますます強まっていき、2040年にもなると36%を超える高齢者が日本を覆い尽くす。 今の高齢者は若いとは言われるが […]

国を乗っ取られたくなければ、早急に少子高齢化を解決せよ

日本を破壊するためにはどうするか。もちろん、日本人をこの世から消し去ればいい。 日本をこの世から消し去るためにはどうすればいいのか。日本人を戦争で皆殺しにするのか。それとも、テロを引き起こして日本人を殺すのか。 もちろん、そういった荒っぽい手もあるだろうが、実はもっと簡単な方法がある。 日本人に、子供を産ませなければいい。子供を作らせないような社会構造にして、子供を減らせばいい。 結婚をさせなよう […]

いくら「金融政策」をしても日本の内需はそれで回復しない

2016年2月15日、内閣府は2015年10月から12月期のGDP速報値を出しているのだが、実質GDP成長率は前期比で0.4%減という結果になっていた。 年当たりの換算では1.4%減。それ以前の7月から9月期もマイナス成長だったので、中国の株式バブル崩壊と共にグローバル経済が変調をきたした2015年後半、日本もまたその変調に巻き込まれていることが見て取れる。 日本のマイナス成長は、民間最終消費支出 […]

高齢者の激増によって日本社会が維持できなくなる日が来る

2015年9月20日、総務省は65歳以上の高齢者が日本人の人口の26.7%を占める割合になったと報道した。人口にすると3384万人が高齢者だ。 これは今が頂点ではなく、今後もさらに上昇していき、いずれは30%を超える超高齢化社会になると言われている。 2010年は23.1%が高齢者だったと報告されていたが、たった5年近くで3.6%も高齢者が増えているということに驚きがあるはずだ。 これは日本のベビ […]

少子高齢化の放置はやがて大量移民と地方の分離独立を招く

2013年に生まれた赤ちゃんは「戦後、最も少なかった」のは厚生労働省の人口動態統計で発表されている。どんどん減っている。過去最低の102万9800人である。 それと同時に高齢化の影響で、死亡者数も増えている。 2013年の死亡者数は最多の126万9800人。出生から死亡を差し引いた自然増減数は23万8632人の減少である。分かりやすく言うと、日本人が1年間で約24万人も消滅している。これが毎年続い […]