51/53ページ

51/53ページ

韓国の朴槿恵(パク・クネ)は、5年持たない大統領になる?

ほんの少し前まで、韓国経済は絶好調であるとNHKも新聞も吠えていた。 NHKでは2012年にも、ドキュメンタリーで「東アジア物流大変動」で韓国の釜山港が大躍進していると絶賛したばかりだった。韓国は物流立国となって躍進し、日本はまったく駄目だという内容だった。 この絶賛があったのは2012年9月なのだが、その1ヶ月前は大統領だった李明博という男が勝手に竹島に上陸して、天皇陛下には土下座で謝れと放言し […]

日本人のことは何一つ考えていない鳩山由紀夫という危険人物

日本は現在、中国から領土を侵略されようとしている途上にある。尖閣諸島はおろか、沖縄まで奪い取られるかもしれない。 中国はどちらもそれを「日本の領土ではない」と言っており、自分たちの領土であると主張する。 中国はモンゴルも、チベットも、南沙諸島も、すべて自分たちの領土だと言い放って、力で持って奪い取ろうとする非常に危険な大国であり、全方位で領土拡張をしている。 そういった危険な中国の正体は多くの日本 […]

紛争や内戦で、武器弾薬の消費が増えると儲かる軍産複合体

いよいよ、アメリカがシリアの軍事支援を決めた。2013年6月21日、オバマ政権はヨルダン北部に海兵隊を1000人規模で駐留させて、反体制に武器供与をすることになる。 なぜアメリカはシリアに関与しなければならないのか。それは2012年中にも崩壊すると思われていたシリアのアサド政権が驚異の粘り腰で政権を維持し、反体制派に勝利を収めつつあるからだ。 アメリカは2011年の中東アラブ諸国での反体制デモと独 […]

ブラジル100万人超デモの裏側には、貧困層の激しい怒りがある

ブラジルは次の新興国であると日本のマスコミは煽って煽って煽り続け、日本人の多くがブラジルに投資してきた。 しかし、そのブラジルは非常に格差が激しい国家であり、また暴力・犯罪都市のひとつである。 ブラジルの蔓延する暴力の根底には激しい格差や、貧困層の群れや、麻薬の蔓延がある。麻薬の蔓延と言えば今は誰もがメキシコの惨状を思い起こす。 しかし、メキシコのみならず中南米はその全土がほぼ深刻な麻薬禍に覆われ […]

日本人の若者の月給が5万円になっても、もう誰も驚かない

2013年3月30日、毎日新聞では若者の死因の第一位が「自殺」になったということを報じて話題になった。 そして、その後2013年4月8日に発表された「自殺対策白書」では、毎日新聞の記事を裏付ける衝撃的な社会現象が起きていることが発表されていた。 それは、あまりの就職難や就職活動の厳しさに、若者が次々と自殺に追いやられ、年間では1000人を突破したというものだった。 そして、2013年6月18日、日 […]

靖国神社に放尿して日本を貶す韓国人、泣き寝入りする日本人

ヘイトスピーチという言葉が日本で一般化してきたのは、ここ最近のことだ。しかし、世界では昔からこの言葉は使われてきた。ヘイトスピーチは世界に満ち溢れているのである。 特にひどいのが韓国の日本に対するヘイトスピーチだ。韓国は反日教育を行って、国民全体が日本を憎悪し、激しく執拗な日本貶め戦略を採っている。 この国では日本人を「JAP(ジャップ)」と罵り、チョッパリ(豚の足)と呼び捨て、さらには「イエロー […]

ここに注視。情報操作として使われている「7つの原則」とは

最近、マスコミもいつの間にか「マスゴミ」だと言われるようになってきた。しかし、今もまだ依然として新聞・テレビの影響力は大きい。 日本の最大手である読売新聞は2013年のデータで公称で986万部を発行しているし、第二位の朝日新聞も795万部であると発表している。 この2つの新聞社だけで約2000万人の日本人に影響を及ぼすことができるようになるのだから、マスコミが凋落したとは言っても、その影響力は想像 […]

「日本人を殺せ!」が、いよいよ実際の行動として表れてきた

2013年5月20日、韓国の中央日報で、キム・ジンという韓国人ジャーナリストが、原爆投下や大規模空襲を「アジア人の復讐だった」「神による苛酷な刑罰」だったと書いて、翌日、日本大使館の道上公使が抗議する騒ぎとなっている。 ここでは、「日本に対する爆撃が足りないと判断するのも神の自由だ」と、信じられない日本人憎悪の文章が掲載されていた。 「日本に対する爆撃が足りない」というのは、もっと日本を破壊すべき […]

インターネットであなたのプライバシーを狙う3つの存在とは

新聞・雑誌・テレビのような既存の媒体の重要問題は、そこに情報操作や隠蔽が紛れ込むことだ。それが既存メディアの「アキレス腱」だったのだ。 だから、本当に情報リテラシーを持った人は、新聞を三紙、四紙取ってそれを読み比べたりしていた。 やがて、インターネット時代になると、大量の情報が剥き出しになって現れるようになった。これによって情報操作も隠蔽もなくなったが、今度はインターネット特有の「アキレス腱」が生 […]

日本で売春をさせられている韓国女性を救い出して帰国させよ

「日本維新の会」橋下徹共同代表による従軍慰安婦の発言で、日本が激震している。これについて、米国務省のサキ報道官はこのように述べた。 「あの時代に性的な目的で人身取引された女性たちに起きたことは悲惨であり、明らかに重大な人権侵害だ」 そして、このように締めくくっている。 「日本が過去に起因するこれらの問題の解決に近隣諸国と共に取り組み続け、前に進むことができるような関係を構築することを期待する」 こ […]

日本と中国が「互いに殺し合う」ように仕掛けている謀略国家

イギリスやアメリカを作り上げたアングロサクソンという人種はとてもプライドの高い、そして競争心・闘争心の高い人種である。 その傲慢なまでにナンバーワン主義のアングロサクソンが、十年以上も「これからアジアの時代」「これから中国の時代」「次はアジアが主流になる」と言い続けている。 そして、共産主義国家であるにも関わらず中国に莫大な投資をしている。 天安門事件もチベット虐殺も無視して、中国に近代化を急がせ […]

ドイツの闇には何があるか? そこには煮えたぎる憎悪がある

少し簡単な実験をして欲しい。目を閉じて、一緒にいて幸せを感じる人の顔と、憎しみを感じる人の顔を交互に思い出して欲しい。 そして、しばらくして自分の感情が、どちらに引きずられ、どちらに強いインパクトを感じるかを推し量って欲しい。 多くの人は、憎しみを感じる人の方に感情が揺さぶられると言うはずだ。幸せよりも、憎しみの方が感情に与えるインパクトは強いのである。 他にも、100万円が儲かった幸せと、100 […]

首謀者はFBI、兄弟は捨て駒、実行犯は傭兵という噂の真相は?

ボストンのテロ事件は、それが発生した瞬間からすぐに「これは陰謀だ」という噂が飛び交い始めていた。 事件後、チェチェン出身の2人の若者が犯人としてマスコミが報道するようになったら、今度は「あの若者2人は軍産複合体の作戦のコマとして使われただけで、黒幕はFBIだ」と噂が流れ始めた。 そして今、FBIが傭兵会社を使って事件を引き起こした可能性があると言われるようになった。噂をまとめると、このようになる。 […]

ボストンのテロ事件で、乱れ飛んでいる「ある噂」とは?

アメリカ・ボストンで犯罪予告のない突発的なテロ事件が起きている。2013年4月15日午後2時45分、ボストンで開催されていたマラソン大会の最中にそれは起きた。 爆発した直後の映像を見ると、観客の後ろ側から突如として巨大な火の玉のような爆発が起きて、次の瞬間に観客やランナーがなぎ倒されるように倒れている。 爆発は同じ時刻に2回起き、次の瞬間には泣き叫んでパニックになった群衆と駆けつける警備員や警官が […]

2億3000万人、平均年齢28歳の中国人が日本に襲いかかるのか?

中国の成長は2007年がピークだった可能性がある。 実質経済成長率(実質GDP)を見ると、2003年〜2007年まで中国は10%を超える成長率を維持していたが、2008年には10%を割った。 これは中国が直接的要因ではなく、グローバル経済がリーマン・ショックによって崩壊の危機に瀕したからだ。 この頃、デカップリング論をしきりに唱える人がいた。先進国の成長が頓挫しても、新興国が力強く成長して先進国と […]

日本のゆとり教育と学力低下は韓国ロビーが仕掛けたという噂

教育は国の将来を決定する。教育が荒廃すれば、国の将来も荒廃する。 日本は教育の劣化がずっと叫ばれているが、日本の教育を根底から破壊して学力低下を招いたのは「ゆとり教育」であると言われている。 日本の教育は詰め込み教育だから、学習時間を減らして子供たちをゆったりと学習させようとしたのが「ゆとり教育」だ。 文部科学省と日教組が強力に推し進めた教育改革だった。 ゆとり教育は段階を経て日本の教育に導入され […]

アメリカと中国のサイバー戦争がいよいよ表沙汰になってきた

2013年2月18日、アメリカのセキュリティー企業であるマンディアント社が、非常に詳細な1つのサイバーテロに関する報告書を、全世界に公開して各方面に強い衝撃を与えた。 この報告書では、過去10年に起きている数百を超える企業・政府組織へのハッキング行為の裏に、中国の人民解放軍が関与していると、真っ向から指摘していたからである。 しかも、その部隊が「61398部隊」であると名指しし、これらのサイバー攻 […]

日本から重要技術を盗む「7つの方法」が、実行されている

日本は職人の国であり、技術を持つ国であり、創意工夫に溢れた国だ。ていねいに技術を磨き、技術を洗練させ、その中で革新を生み出すことに長けている。 もちろん、日本にも苦手分野があって、たとえば劇的に世の中を変えるアップル社のような革新や、グーグル社のような革新的発想は日本からなかなか出てこない。 かつてのマイクロソフト社、あるいは現在のアップル社やグーグル社の革新は、ソフトウェアやプログラムと言った「 […]

1 51 53