中国

1/5ページ

中国はアメリカの敵に。日本にとっても中国は関わってはいけない国

2018年7月6日、アメリカは中国に対して25%の報復関税をかけたのだが、中国もまたアメリカの大豆や農産品などに25%の報復関税をかけた。 翌月8月23日、アメリカは中国の半導体やプラスチック等に25%の関税をかけたのだが、中国もまた自動車・鉄鋼等に25%の報復関税をかけた。 そしてアメリカは9月24日から2000億ドル相当に10%の関税をかけることに決めたのだが、これに対して中国は600億ドルの […]

経済動乱に突き進んでいく中国を「一刻も早く見捨てる」のが正しい道

アメリカのドナルド・トランプ大統領は報復関税で中国を追い詰めているだけでない。 アメリカにある「中国人スパイの温床」である孔子学院を取り締まって閉鎖させ、ファーウェイやZTEのような安全保障上から見て危険極まりない中国ベンダーを放逐してきた。 さらに、トランプ大統領はFBIに民間に潜り込んだ中国人スパイをあぶり出すように指示を出し、EUの半導体大手にも圧力をかけて中国人技術者を採用しないように働き […]

アメリカは中国デバイスを排除しているのに、日本は何もしないのか?

2018年8月13日。アメリカのドナルド・トランプ大統領は、中国の国策ハイテク産業であるZTE、ファーウェイなどの中国ベンダーのスマートフォン等のデバイスの使用を禁止する「国防権限法」に署名している。 FBIのクリストファー・レイ氏は、その理由を語っている。 「我々と価値観を共有しない外国政府がバックについている企業が、我々の通信ネットワークの中に入ってくることを深く懸念している」 「情報が不当に […]

アメリカに叩き潰される反米国家からは距離を置いておく必要がある

アメリカと対立している国々が次々と経済的な困難に陥っている。 たとえば、中国はその筆頭に挙げられる。中国は安い労働力を武器にして、世界中から投資資金と工場を呼び込んで高度経済成長を成し遂げた国だ。 その際には、面倒な環境保全も労働者保護もいっさい無視して突き進んだので、大気汚染も土壌汚染も格差も極度に進んで問題を引き起こしている。 砂漠化、癌症村、有毒大気は、ニュースにならないだけで今も相変わらず […]

情報隠蔽大国である中国は、覇権国家になるのではなく失敗国家になる

中国が絶対に次の時代の覇権国家となれない理由は、中国の情報隠蔽体質にある。 最近、中国では「私は習近平とその独裁主義に反対です」と言って習近平のポスターに墨をかけた女性がいたのだが、彼女はその後、公安当局に拉致されて今もまだ行方不明のままである。 そして、同じく習近平を批判していた元教授の孫文広氏もまた公安当局に連行されて姿を消した。 日本でもアメリカでも政権に反対の人は堂々と反対運動を繰り広げて […]

反日国家が苦境に落ちたら、日本は今までの反日言動の報復をすべき

中国・韓国・北朝鮮は明確なる反日国家だ。これらの国家に共通しているのは、常に日本に対して被害妄想を持ち、日本を叩くことが政権維持につながっていることだ。 もはやこれらの特定アジアの政策は明確な反日依存になっているので、後戻りすることは絶対にない。もう多くの日本人が気付いているが、中国・韓国・北朝鮮は完全に日本の敵となっている。これらの国は、まぎれもなく真性の敵対国家である。 朝日新聞のような一部の […]

貿易戦争で中国経済が悪化したら習近平も立場が危うくなっていく

中国べったりのジャーナリストや評論家は、10年以上も前からアメリカの時代が終わり、これからは中国の時代が来ると言い続けてきた。 欧米の金融システムがリーマン・ショックで大混乱した後、「これからは中国の時代が来る」と高らかに宣言し、返す刀で「アメリカはもう終わりだ」と嘲笑した。 ドルの価値も崩壊し、この世からドルが消えると何の根拠もなく言い続けていたのだ。 ところが、アメリカが脅威の粘り腰で崩壊から […]

中国共産党を崩壊させて中国を民主化することが世界のためになる

中国がアメリカのハイテク企業の知的財産を根こそぎ盗んで自分たちのものにして儲けているというのは全世界が知っているのだが、今までアメリカはそれを許容してきた。 なぜなら、中国には約14億人の人口があって、それが巨大な市場となっているからだ。 アメリカが今まで中国の盗みと中国の成長を許容してきたのは、中国市場に参入するためでもあった。実のところアメリカの多国籍企業は、今もなお中国の市場に秋波を送り続け […]

中国に都合の悪いことを書いたら日本人にも被害が及ぶ時代になる?

中国は徹底した情報封鎖社会だ。中国共産党は情報を統制し、自分たちの都合の良い情報しか流さない。 そして、自分たちの都合の悪い事実を暴き立てる人間は容赦なく「国家転覆罪」で拘束、逮捕、拷問で追い込んでいく。習近平がその先頭に立っている。 中国にとって都合の悪い事実とは何か。それは「欧米式立憲民主主義」「普遍的価値」「自由な市民社会」である。 中国共産党を脅かす組織も、選挙もいっさい認めないし、中国共 […]

反中の日本人は、フェイスブックの動きを注意して見ておくべきだ

フェイスブックはロシア経由のフェイクニュースを垂れ流してアメリカの大統領選を混乱させた元凶としてCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグが議会で吊るし上げられた。 この過程で、フェイスブックは8700万人もの個人情報を流出させていたことも発覚した。 金儲けのためならフェイクニュースですらも平気で垂れ流し、さらに個人データをも広告会社に売り飛ばす姿勢は激しく糾弾され、アメリカでは「フェイスブ […]

日本も中国のターゲットにされていることを、いい加減に気づくべき

ドナルド・トランプ大統領は、2018年3月22日に「知的財産関係の輸入品に関税を含む報復措置を取る」と宣言し、5月3日にはファーウェイやZTEを締め出すという実力行使に出ている。「中国が知的財産を侵害している」というのは中国政府は肯定も否定もしなかった。なぜなのかというと、実際に知的財産を侵害をしているからである。 2018年1月から2月、中国政府が米海軍下請会社をハックキングして大量の情報を盗み […]

最初からトランプ大統領は中国を敵として認識していたのだ

バラック・オバマは何もしない、何もできない口先だけの大統領だったので、中国はずいぶん図に乗ってアメリカを見下すようになっていた。 しかし、ドナルド・トランプはオバマのように何をされても何もしない大統領ではない。「やられたら、確実にやり返す」タイプである。 そのため、今までアメリカにずいぶん舐めた口を叩いていた中国は、ドナルド・トランプ政権が発足してからほとんどアメリカを見下すような発言をしなくなっ […]

アメリカと中国の対立が、より熾烈なものになっていく理由

北朝鮮の先制攻撃を準備していたトランプ大統領の本気に、北朝鮮の金正恩は必死に「平和、対話」と言い出してアメリカに命乞いのメッセージを送り出した。 本来、北朝鮮はこけおどしの弱小国家であり、アメリカが行動を起こせば翌日には地図から抹消される運命にある。 そのために北朝鮮は手のひらを返して、あっちこっちに媚びを売っているのだが、手のひらを簡単に返すということは状況がくれば再びまた手のひらを戻すこともで […]

中国の世論操作を排してアメリカに賭けた方が確実に勝てる

中国の歴史プロパガンダ紙と化した朝日新聞、あるいは中国の回し者と化した日本人の政治家やジャーナリストたちは、執拗に中国を持ち上げてアメリカの崩壊を叫び続けている。 もう何十年も前から「アメリカが崩壊する」とか「ドルが紙くずになる」と彼らは言い続けてきた。実際には中国の元の方が先に紙くずになりそうだが、それには触れない。 もちろん、これは親中派の世論操作であり「超限戦」とか「三戦」と呼ばれている情報 […]

中国の政治は、数字捏造・情報隠蔽・人民大虐殺で成り立つ

中国は自らの力で有望な新興国となったのではない。そうなるように、グローバル社会や多国籍企業が長い時間をかけて仕組んだのだ。この国に、巨大な人口や巨大なマーケットを見出したからだ。 中国の人口約13億8000万人に商品が売れれば、それだけで大儲けになる。だから中国が安定して成長するために、グローバル社会と多国籍企業は何でもしてきた。中国のためではない。自分自身の金儲けのためだ。 目論みの通り、この巨 […]

日本は中国に非殺傷兵器による戦争を仕掛けられているのだ

ドナルド・トランプ大統領は、協調することなどまったく眼中になく、あちこちでトラブルをばらまいているのだが、アメリカ国内でもどんどん孤立化しており、支持率も40%を割ってしまっている。 まだ大統領に就任して1年しか経っていないのに、もう政権末期のような様相だ。世界もトランプ大統領に振り回されており、混乱がより深くなっている。 トランプ大統領は南米の各国政府とも折り合いが悪く、メキシコともベネズエラと […]

「組織の乗っ取り、組織の破壊」という2つの日本破壊工作

韓国と北朝鮮の反日は止まらないが、中国もまた反日で一貫している。 中国では、国が率先して「日本人を憎め」「日本は悪い国だ」「日本人は醜悪な民族だ」と繰り返し繰り返し教育してきた。 日本人のことを彼らは「日本鬼子(リーベングイズ)」「小日本」と侮蔑するのだが、これは幼稚園の頃から日本人にはそう言えと叩き込まれる洗脳でもある。 憎悪が教育の中に組み込まれているのだ。 それで全員が日本人を嫌いになるわけ […]

日本に「暴力反対」「戦争反対」を押し付けて弱らせる戦略

「あなたは戦争が好きですか、平和が好きですか?」と問われたら日本人はどのように答えるだろうか。恐らく100%に近い人は「平和が好きです」と答えるはずだ。 では、この次にこう問われたらどう答えるだろうか。 「平和のためには、戦争を実行する軍隊は必要ないですよね。軍隊が必要だという人は危険ですよね」 確かに戦争したくないから軍隊を持たないというのは、一理あるように思える。軍隊がなければ戦争にならない。 […]

1 5