鈴木 傾城

2/51ページ

変われないと生き残れない。今の日本が必要としているのは新しい人間だ

至極当たり前のことだが、これから高速大容量の「5G」の時代に入ると、ますます世の中のスピードは加速されていくのだが、その中で見捨てられるのは、紙に依存したビジネスモデルであるのは間違いない。 「紙に情報を印刷してそれを売る」というのは、制作に時間がかかり、コストがかかり、運搬の労力もかかる。 いまだに「紙でないと読んだ気にならない」という人間もいるが、昔ながらの慣れがそう思わせているだけであり、人 […]

日本と価値観を共有しない韓国に対して、私たちができる「7つの行動」

(慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射事件。韓国に対して何かすべきだと考える日本人もどんどん増えている。これからは、「非韓三原則」は当たり前だ。さらに積極的に動く必要もある。日本人はひとりひとりが韓国を「断ち切る」ために行動をしなければならない) 韓国が全力で日本を貶めようとしていることは、すでに日本人全員が共有するところとなった。大統領が変わろうが何だろうが、韓国の反日についてはまったく変わりが […]

韓国が反日を教育に取り入れた時に、憎悪と衝突の未来は決まっていた

韓国が慰安婦問題、徴用工問題、旭日旗問題、レーダー照射問題などの「反日言動」で気が狂ったようになっているが、この「反日」は韓国が子供の頃から日本を憎むように公然と教育した結果でもある。 反日は教育の現場で行われて、韓国人は徹底的に反日思考に洗脳されていったのだ。そうであれば、韓国と日本の関係はいずれは軋轢を生み、対立や衝突に向かうのは100%間違いのないことだったのだ。 そして、最近は反日を知った […]

「紙の新聞」は完全にイノベーションから取り残された存在で最後に消滅する

マスコミが「ゴミ」と一緒にされて「マスゴミ」と言われるようになって久しい。なぜ、マスコミが「マスゴミ」と称されるようになったのかというと、マスコミが自分たちの都合の良いように事実を捏造し、歪曲し、曲解し、世論操作し、日本を貶めてきたからである。 朝日新聞や東京新聞などを見ても分かる通り、中国・韓国・北朝鮮を擁護し、これらの反日国家に都合の悪い記事は隠蔽してきた。 朝日新聞は、いまだに韓国がベトナム […]

韓国は今後も「新しいネタ」を捜しては、謝罪と賠償を日本に突きつける

韓国は反日を国家的に煽って、日本からカネを毟り取る「賠償ビジネス」を止められない国だ。 文在寅の底なしの「経済オンチ」のために景気がどん底まで落ち込み、政治的混乱で目も当てられない状況になっている現在の韓国では、なおさら反日は煽られ、賠償ビジネスが重視されていく。 「我々は日本人の被害者だ。日本政府はカネを出せ」 韓国が国家を挙げて日本を突き上げている裏には、韓国人特有の恨(はん)を晴らすという薄 […]

なぜ年収数億円の有名人が破産する?私たち庶民にも参考になるたった1つの防衛策=鈴木傾城

100億円以上も稼ぎ、派手な言動で誰もが憧れるスーパーヒーローも、ヨットに高級マンションに高級車を買いまくって、あっという間に破産に追いやられていく。100億円以上もの収入を得ても、使いまくっていればカネは右から左へと消えていく。(鈴木傾城)

合わない仕事をすることで多くのストレスを溜め込み、結局は自滅していく

多くの人が「合わない仕事」で悩んでいる。もしかしたら、あなたもそうかもしれない。自分に合わない仕事は、どんなに時間をかけても決してそれが生き甲斐になることはない。 慣れることはあるかもしれないが、慣れても仕事に熱中しているわけではないので、その仕事をする理由よりも、しない理由を探すようになる。 そのため、やること為すことがおざなりになり、トラブルや失敗や問題が増えて、それがよけいに仕事に対する意欲 […]

反日国家に袋叩きにされているうちに、失われたものに気づき始める日本人

1945年8月15日、日本は戦争に負けた。国土は焦土と化し、多大なる人命と国富が灰燼と化した。そして、この敗戦以後、日本は何を奪われたのか。 表面的に見ると、日本は軍事力を奪われた。しかし、それだけではない。内面的に見ると、「積極的に戦おうとする意欲」「立ち向かう気力」「戦い抜く精神」までもが奪われていた。 つまり、闘争心を奪われた。 日本人は武力を奪われ、戦争できない国にされたが、深刻なのは武力 […]

日本の内部に潜んだ工作員が、「戦略的」に日本国内で世論を歪めている

中国や韓国や北朝鮮は、凄まじい悪意と憎悪でもって日本を攻撃し続けているのだが、こうした日本人憎悪・日本人差別は「反日」という言葉で括られている。この反日は中国・韓国・北朝鮮では子供の頃から洗脳教育によって叩き込まれる。 だから、こうした反日はこれからも止まることはない。これらの反日国家は日本の隣国ではあっても、友好国になりえない。はっきり言えば「敵対国家」だ。 今まで日本人は「北朝鮮は敵対国家だが […]

「安ければ何でもいい」が、細部を極めるという日本人気質を駆逐するのか?

全世界で粗悪品が蔓延している。粗悪品というのは、ありとあらゆる部分で「手抜き」が行われていて、性能を発揮しない製品である。 日本人は、こうした製品はすぐに駆逐されて消え去って世の中に存在しなくなると思うのだが、実はそうではない。粗悪品は駆逐されるどころか、真っ当な製品を駆逐するほど広がって世の中を覆い尽くすこともある。 それは、粗悪品は真っ当な製品よりも「絶対的に安い」からである。信じられないほど […]

「朝早く会社に行って夜遅くまで働くのが良い」は本当に正しいことか?

私たちは常に決まった時間しか与えられていない。一日は24時間であり、一週間は7日であり、一年は365日である。これは、貧困層だろうが富裕層だろうがまったく変わらない。同一だ。 つまり、時間はすべての人に平等に同じだけのものが与えられている。人間が作り出す社会は不完全なのだが、時間は完全に平等であるというのはもっと注目されてもいい現象である。 一日が24時間であるというのは、それが長いか短いかと言わ […]

「決断するたびに失敗やトラブルが自分に返る」そんな人がすべきこと

人生は常に決断を強いられる局面があり、人はその時々で自分にとって最善であると思える決断をしている。その決断は、その瞬間は最善であると思ったとしても、実は後で考えると本当に最善ではなかったということもあり得る。 決断というのは、常にすべての情報を手に入れて行えるわけではない。人生は往々にして、ほとんど状況判断ができないまま決断を下さなければならない局面に追い込まれる。 また、世の中は常に不測の事態、 […]

トラブルの元である韓国とは、意図的かつ積極的に疎遠になる必要がある

日本の首相が靖国神社を参拝したら狂ったように騒ぐ。日本から仏像を盗んだら返さない。日本にやってきて募集に応募して仕事をしたのに強制労働させられたと後で騒いでカネを毟り取る。戦時中に売春ビジネスで儲けた女性が戦後に性奴隷にされたと騒いで日本からカネを毟り取る。 日本大使館前に慰安婦像を建てて嫌がらせをする。旭日旗を戦犯旗と言い換えて世界中で戦犯旗を使うなと騒ぐ。日本海を東海と言い換えて、日本海を使っ […]

2019年。安倍首相は消費税の引き上げを再び「延期する決断」をすべきだ

日本は今年2019年10月から消費税が10%になる予定だ。これについては、安倍首相が2018年9月10日に「消費増税を予定通り実施する」と明言したことでも分かる通り、ほぼ確定である。 賃金が上がらない中で消費税だけがどんどん上がっていくのだから、いくら軽減税率で緩和されたとしても数年後には消費税10%のダメージが日本を覆い尽くして貧困がより深刻化するのは目に見えている。 消費をしたら政府に罰を受け […]

これからは反日国家から殴られたら殴り返せるタフで強い日本人が必要だ

韓国が、旭日旗問題、慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射問題と、次々と日本に「攻撃」を仕掛けているのだが、こうした韓国の動きは「日本人差別」「日本人ヘイト」と捉える人は少ない。しかし、本質をきちんと把握すべきだ。 今、日本人は「反日」という凄まじい差別を受けているのだ。 ついでに言うと、韓国だけでなく、北朝鮮も中国もまったく同じ差別を日本人に対して行っている。しかし日本のマスコミ内部には、この「特 […]

大麻ビジネスに乗り遅れる日本、世界はマリファナ巨大市場の誕生でハイになっている=鈴木傾城

日本社会は大麻(マリファナ)を断固拒絶するが、米国では医療用ほか娯楽用も含めて合法化へ突き進んでいる。大きな資金が流れ込んで一大産業になりつつあるが、日本はそれを傍観するだけだ。しかし、日本人でもその恩恵を受ける方法はある。(鈴木傾城)

いまや貧困層の子供が貧困層から抜け出せないという局面になってしまった

貧困が社会に定着したら、貧困はあまり語られなくなる。なぜなら、貧困があることが日常になって、それを騒ぐことが奇異に思うようになるからだ。 日本には相対的貧困が定着した。だから、もう相対的貧困で騒ぐ人はいなくなった。定着すれば、それは日常である。日常は淡々と過ごすだけだ。そういうことだ。 相対的貧困は二人家族で年間の手取りが172万円を下回る世帯を指す。三人家族では年間手取り211万円未満を指す。日 […]

話を二転三転させて最後に逆ギレする韓国とは積極的に縁を切って対抗せよ

2018年12月20日。韓国は石川県能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射するという危険な行為を行った。このレーダーはミサイルと連動した自動追尾機能を有したものであり、もし韓国海軍が発射ボタンを押せば、高い確率でP1哨戒機を撃墜することができる。 まさに韓国海軍は日本に対して敵対行為をしてきたと言える。 日本の海上自衛隊はこれを受けて翌日に「攻撃直前の行為で、非常に危険」と韓国 […]

1 2 51